日興リカは創業以来、お取引先様と向かい合いながら、相互信頼を基軸として研究技術の検討を重ね、新たな時代を切り拓いてきました。
このコンテンツでは、今までの歴史や事業内容から日興リカの技術の
一端をご紹介いたします。

日興リカの足あと history

日興リカは1950年に油脂・ワックス問屋として創業後、1952年に法人化し、化学製品製造に進出。大手繊維メーカーとナイロン合成用のスポンジニッケル触媒を共同研究し、1956年に本格生産を開始。その後、産学連携、大手企業との共同開発を積み重ね、銅・鉄・コバルト・貴金属などのさまざまな触媒を開発し、高度な技術・ノウハウを蓄積してきました。

歴史の中で生まれた
水素化触媒・水素化反応技術

研究開発の中で生まれた主力製品の水素化触媒は石油化学、合成樹脂、化粧品、医薬品、食品など幅広い分野で使用されています。
また触媒を用いた水素化反応技術により医薬・農薬・食品の中間体や化粧品基材の製造をはじめ、電子材料向け機能性樹脂の水素化を行っている。さらに紛体技術を活かしてファンデーション基材であるナイロンパウダーや、半導体封止材などの機能性素材であるメチルシリコーンパウダーなども製造しています。

日興リカの事業

日興リカの事業は研究開発型事業、受託製造事業、及びトレーディング事業により構成されています。
これらは永年培ってきた技術と経験、そしてお取引先様との信頼関係により築かれ、多様な産業分野で高い評価を受けています。

  • 研究開発・製造販売

    研究開発・製造販売

    永年の研究開発の歴史の中で生まれてきた日興リカの製品のご紹介です。ファインケミカルな機能性材料として製造・販売しています。

    • スポンジメタル触媒

      石油化学、医薬、食品など幅広い分野で使用されている汎用触媒

    • ワセリン・ワックス・油脂類

      医薬品、化粧品分野で高い評価を得ているワセリン、ワックス類

    • 機能性有機材料

      高圧水素化反応技術による先端機能性材料を提供。医薬品、化学繊維材料として使用されています。

    • 機能性高分子材料

      球状シリコーンを中心に、特殊形状、異種材料との複合粉末など多種多様な粉体設計を得意としています。

    • 機能性無機材料

      電子材料分野を中心にニッケル粉末、酸化ニッケル粉末、酸化銅粉末の製造販売

    事業紹介ページでさらに詳しく

  • 受託製造

    受託製造

    日興リカの技術やノウハウを社外に幅広く提供し、画期的な製品を世に広めていきたいとの想いから始まった事業です。日本屈指の設備を取り揃え、お客様のご要望にお応えします。

    • 水素化反応受託製造

      高温高圧反応器による水素化反応技術を得意としており、医薬/農薬中間体樹脂・モノマー・ポリマー・電子材料など、受託製造をしています。

    • 食品添加物受託製造

      安心安全で多くの信頼を得ている食品添加物の受託加工。近年導入した微粉砕加工を積極展開しています。

    • 各種化学品材料受託製造

      営業・技術・製造の三部門が一体となり、お客様が望む高品質の化学品材料を提供

    事業紹介ページでさらに詳しく

  • トレーディング

    トレーディング

    信頼ある確かな技術やノウハウをもつ外部の企業様と提携し、各種分野で高品質な製品や原料の輸入、販売を行っています。

    • 金属粉輸入販売

      エレクトロニクス分野を中心に、VALE社、NOVAMET社といった大手の金属粉製造会社より輸入・販売

    • 化粧品原料、化粧品販売

      ナールスコーポレーション社の提供するエイジンケア化粧品原料、及び関連化粧品の提携販売

    事業紹介ページでさらに詳しく

※各事業をクリックで事業内容の詳細がご覧いただけます。

日興リカのこれから future

日興リカが創り、磨き上げているのは、「他にはない技術・製品・サービス」です。そして、お客様に貢献することを通して、一人の力では決して成しえない成長や感動を、わが社全員の連携により創造できる事です。これからも、時代の変化を的確に捉えながら、お客様、そして社会に貢献できる製品づくりに大きな喜びと革新を生み出せる様、私たちはチャレンジして参ります。

日興リカは成長を続けています 先進技術を活かし、新時代の化学会社を目指して

今日まで培ってきた技術を糧に、これからも化学の力で最先端を走り続けます。